Tumaoワイヤレスアダプタ+BL2420PT と REI 2 Dual、iPhone、iPadとのワイヤレス接続!

    ツイートの関連情報:
    Tumaoワイヤレスアダプタは、REI 2 DualとMiracastで、iPhone7やiPadとAirPlayミラーリング(iOS12.2しかツイートしていませんがiOS12.4でも使用出来ています)で接続して画面をWiFi経由で表示します。
    ・AndroidのMiracastは画面そのままの表示しか出来ませんが、iOSのAirPlayはミラーリングに加え対応アプリで独立した画面表示が可能です。
    Tumaoワイヤレスアダプタは、他のワイヤレスアダプタと比べてアンテナが立てられ距離を離して使用出来ます。
    ・fireTVstickでもMiracastだけ(AirPlayソフトは有料)は出来ますが、リモコンでモードを変える必要があり面倒なので使用していません。
    REI 2 DualとiPhone7は、1920x1080(縦602x1080)ドット、iPadは、1440x1080(縦810x1080)ドット表示出来ます
    23.8インチのBL2420PTは、2560x1440ドットなので1920x1080を小さくそのままか、疑義的に拡大して全画面表示の何方でも選べます。
    REI 2 Dualを固定してるスタンドは車用として販売されてる物ですが、高さや角度が調整出来、視認性(最下部がテーブル上12cm位あり、操作で画面から30cm位に近づいても下を向かず視線を少し落とす程度で見られ、 1m位離れての背もたれ視聴でも角度の変化が少なく見難くならない)確保と操作性確保に貢献しています。
    ・Tumaoワイヤレスアダプタの消費電流は、0.37A位でした。
    BL2420PTはDC/ACインバータに接続変えする事で、BL2420PT以外は常時、 蓄電型ソーラーシステムと接続されていますので、災害時などの長時間停電でも継続使用が可能です

    その他:
    ・REI 2 Dual、iPhone7や10.5 iPad Pro、TumaoワイヤレスアダプタやfireTVstickなど多くの機器は約12.9Vから5Vに変換して給電しています。
    ・aptX対応で高音質なBluetoothスピーカー VL-S3BTには15Vに変換して給電、BL2420PTの内蔵スピーカーでなく REI 2 DualとBluetooth接続してYouTubeなどを視聴しています。
    ・Bluetoothスピーカー UBTS-300には5.4Vに変換して給電、fireTVstickとBluetooth接続してPrimeVideoなどを視聴しています。

    Facebook、Instagram、Google、Lineの使用には十二分にご注意下さい!(卒業をお勧めします)

    私は、セキュリティの観点から、
    LINEは、2013年12月に退会
    FACEBOOKは、2014年12月31日に卒業Instagramは確か2015年に退会、
    Googleは、Android7.1.1のREI 2 DualをWiFiルーター+αで5/18~使い出しましたが、最小限で使ってるのでトラブルに見舞われる可能性は皆無なので心配ないのですが、恐れていた事が起こり出した?、暴露され出した様なので、最低でもセキュリティ設定の見直しを、出来るだけ卒業をお勧めします
    その他:
    通話や通信時のセキュリティの重視番号通知有りで通話料が安い(固定電話に3.4円/分、携帯電話に11.1円/分)のでViberを出来る限り使用しています
    Viberはセキュリティが高く、通信業者だけでは無く Rakuten Viberにも会話を盗聴されません。
    ・Viberのクラウドへのバックアップをオンにするとクラウド管理者によって盗聴が可能になってしまいますが、スマホ乗り換えや故障対策で会話を保存する設定も可能です。(私は自動バックアップはオフで故障時に会話が消える事を選んでいますが、乗り換え時には一時的にオンにする可能性はあります。)
    楽天モバイルSIMの契約で取得した050番号は、公的書類も含め携帯電話以外の連絡先の記述が必要な時に自宅番号などとして何年も記述していますが他の場合を書く様に指導された事はありません。

    iPad ProとiPhone7、REI 2 Dualの作業連携とお薦め無料アプリ1

    iOS11.2.1のSafariやメモ、AirDropなどのiOS端末の連携機能を利用したiPhone7とiPad Proの作業連携の活用に加え、同じアプリを活用して作業を連携して、iPhone7の電池の持ちを改善したり、移動中を含む作業効率を改善しています


    体調や造血に影響してたのかを将来検証出来る様に食事などの情報をブログしたり、その画像をクラウドやレンタルサーバーに転送する事が iPhone7のみでも可能です。


    特に、iPhone7の電池を温存したい時に iPad Proを多様しています。

    AirDrop
    メモやSafariなどのiOS11の機器間連携機能に加え、WiFiを活用した高速な動画像の転送に利用しています

    ApowerTrans
    iOS11.4とAndroid7.1.1間で、お互いに相手の存在を検知出来ないのでアンインストールしました(iPhone7とiPad Pro間では検知出来ましたが、AirDropの方が操作が用意なので使用予定はありません)

    Xender
    ・iOS11.4とAndroid7.1.1間ではモバイルデータ通信の速度しか出ないがデータ転送が出来る
    2018.5/31最新バージョンでの問題点:
    REI 2 DualSSIDを書き換えてしまうのでアンインストールしました

    FotoSwipe
    ・ファイル削除とコンピュータに送信などが可能
    Android7.1.1REI 2 DualiPhone7やiPad Proとの作業連携で高速なWiFiを活用した動画などの大容量データの転送が可能
    2018.5/31最新バージョンでの問題点:
    ・iPad Proは縦横両画面が使えるが、iPhone7とREI 2 Dualが縦画面しか使用出来ないのでアンインストールしました
    テザリングを提供してる端末とはモバイルデータ通信経由の転送しか出来ない感じなので、例えばREI 2 DualとiPhone7間でWiFi速度でデータ転送が必要な場合、iPad Proのインターネット共有が必須

    SendAnywhere
    ・転送時間の表示がある
    Android7.1.1REI 2 DualiPhone7やiPad Proとの作業連携で高速なWiFiを活用した動画などの大容量データの転送が可能ながら、写真やスクリーンショットの転送は保存にも使ってるOneDriveを使用メールを使用
    2018.5/31最新バージョンでの問題点:
    ・iPad ProとREI 2 Dualは縦横両画面が使えるが、iPhone7は縦画面しか使用出来ない
    テザリングを提供してる端末とはモバイルデータ通信経由の転送しか出来ない感じなので、例えばREI 2 DualとiPad Pro間でWiFi速度でデータ転送が必要な場合、iPhone7のインターネット共有が必須

    リサイズメール
    ・複数画像を選択、実行するだけで1000x800ドットに一括変換出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・画像一覧が、画面上部のシステム表示の背景にまで及び、少し見にくい
    ・iPadでも縦画面しか使えない

    Ressize
    ・800の入力で、縦横比が不定な食事の全体画像などを ?x800ドットの画像に変換出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・iPadでも縦画面しか使えない

    OneDrive
    ・クラウド上でのファイルのリネームが操作し易く、20180101-1.jpg等のファイル名のままカメラロールにダウンロード出来る
    iPhone7iPad ProKATANA01(Windows10Mobile)T100TA-DK532GS(Windows10タブレットPC)REI 2 Dualの全てで使用出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・ファイル名の属性は小文字に統一して保存するので大文字だったファイル名の属性もダウンロードすると小文字に変わる
    複数ファイルの同時アップロードで失敗するバージョンがある (MSに3バージョン目の改善要請→今回も改善出来ず、1/13:9.9にバージョンアップ、アップロードの失敗発生せず、1/31:10.1にアップデート後にiPhone7の節電モード(バックグラウンド更新停止)でのアップロードが殆ど出来なくなりMSに不具合報告しましたが改善は期待していません、2/3:インデックス?などの再構築が終わったのか節電モードでもアップロード出来る様になりました、3/17:バージョンアップで不具合が発生していましたが、10.7.7へのバージョンアップでダウンロード時の進行表示も復活、使用出来るレベルに復活しました、6/17:バージョンアップで不具合が発生していましたが、10.19.8へのバージョンアップでアップロードが進行しない問題が解決、使用出来るレベルに復活しました)
    テスト中運用変更:1/21、1/23
    OneDriveで今迄もエラーが発生した事があったのと、転送が凄く遅い曜日や時間帯もあるので、レンタルサーバーに新たなフォルダと新たなFTPアカウント、FTPManager Proに新たなエントリーを作成して、リネームもFTPManager Proで行い、がん関係の2つのフォルダ内の画像(オリジナルと公開用の?x800ドットで1日20枚以上)は、朝昼晩の全体画像の各1枚のみ今迄通り変更したファイル名でiPhone7のカメラロールに残したいのでOneDriveを活用、iPad Proのカメラロールにも今迄通り合計3枚をコピー(コピー後OneDriveの画像を削除)、その他の画像はレンタルサーバーで公開(リサイズ画像)、保存(オリジナル画像)、バックアップ(Twitterなどに公開した画像)の3フォルダを使う運用に変更しました

    FTP Manager Pro
    ・暗号化通信に対応してる
    ・SiftJIS、UTF-8などのコードに対応してる
    ・htmlファイルの表示と編集が出来る
    ・blog2107など1フォルダに数千ファイルがあってもエラーせず実用に耐える (720円のiTransferProも含め多くのFTPソフトが正常に動作しませんでした)
    ・360円のProは複数のサーバーが登録出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・画像などのコピー(転送)がサブフォルダーを指定し難い仕様(「にコピー」を先に選び「保存」を押すのを我慢してフォルダの表示を待つ。直ぐ表示される「保存」を押してしまうと他のフォルダに転送を開始してしまう)なのでフォルダ毎にFTP接続リスト(パスで指定)を用意したくなる
    ・他のFTPアプリ同様(Appleの規制?)にレンタルサーバー上の画像をOneDriveと違ってそのままのファイル名(20180101-1.jpgなど)でカメラロールに保存出来ない
    ・存在してるファイル名を指定すると警告なくリネーム(存在してたファイルは削除されてしまう)され、インデックス画像はそのままで更新されず不整合になる(削除されてしまった旧ファイルの再転送が必須なのとインデックス画像を更新する為にはリネームしたファイルを一度削除して再転送も必須)

    ブログ(FC2ブログ):
    ・「ブログ」は縦画面対応のみ(iPad用の「FC2ブログ」は横画面にも対応)ながら、http://Z-Tune.jpへの新規投稿、編集、その他の管理が出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・共通の「ブログ」は縦画面でしか使用出来ない
    ・iPad用の「FC2ブログ」で編集すると改行が</BR>に置き換わってしまい全て連続表示になり、編集箇所を探すのが面倒
    2018.1/4最新(3.00.2)バージョンでの問題点:
    iPad用の「FC2ブログ」は横画面ではブログを編集出来ない (縦画面では問題なく編集可能。問い合せ→1/18林田、横画面サポートせず😡。1/24林田、横画面サポートしてますと訂正の連絡がありましたが、 iOS11.2.5にアップデートしても相変わらず編集は出来ませんでした。1/27玉田、今更、再起動と再インストールを試して下さいと連絡があり、 iOS11.2.5では行っていなかったので念の為、試しましたが編集出来ないままです。1/30玉田、iPad(どのタイプかiOSのバージョンも知らせて来ない😡)再現できないからブラウザ(Safariは半角「\」が含まれると不具合を起こす)で編集しろと言って来て呆れました。2/20、iOS11.2.6でも編集出来ません。3/31、iOS11.3でも編集出来ません。)

    メモ(iOS11.2.1標準)
    ・iCloud経由でiPhoneとiPadのデータが自動更新され、T100TA-DK532GS(Windows10タブレットPC)からもアクセス出来る
    安全な1つの共有パスワードでファイル毎にロック制限が設定出来る
    ・文字の大きさや太さなどが若干変更出来る
    ・傾きを自動補正したカメラスキャンが可能
    ・画像を貼り付けられる
    ・画像の編集が出来る
    ・iPhone7で指圧、Apple Pencilで筆圧に加え傾斜を感知して絵が描ける
    iPad ProでApplePencil使用時は、ロックを解除せずロック画面のままメモ可能
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・カメラスキャンが768x1024ドットで少し荒い(PDF文章化は「Adobe scan」を使用)
    ・「写真」と違い画像に加工を加えると元に戻らない
    ・画像と文字がオーバラップ出来ない
    ・ファイルの階層(カテゴリ)管理が出来ない
    ・iCloud連携やSIRIのインデックス生成の問題か文字数の多いファイルやファイル数が多いと動作が鈍くなる

    カウントメモ

    テキストファイルの階層(カテゴリ)管理が出来る
    ・文字列を検索したり、置き換えたり、カタカタ←→ひらがな、カタカナ←→半角カタカナ等の変換が出来る
    ・iCloudへのバックアップが出来、それを他のiOS端末で復元する事でデータを連携出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・画像添付に対応していない (文字だけの文章も多く「メモ」の文章を減量する為に活躍中です)
    ・iOS端末にパスワードは設定出来るがアプリの起動制限のみで、他の端末でデータをiCloudから復元すると閲覧出来てしまう

    備考:
    アプリ名をタッチして頂くとApp Storeに、青文字をタッチして頂くと関連情報にジャンプ出来ます。

    テーマ : 節電型ネットワーク
    ジャンル : コンピュータ

    お薦め無料アプリ7(その他)

    全てに満足してる訳では無いのですが、気に入ってるポイントがあり どうしても消せず使用してる無料(アプリ内課金含む)アプリを お薦めアプリとして紹介させて頂きます。
    今回は、今迄のジャンルから外れた、その他、お試し頂きたい4つのアプリです。

    漢字読み方

    読めない漢字も手書き認識して音読み訓読みで表示出来る
    ・認識した漢字をWeb辞書で調べる事が出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・iPadでも1文字ずつしか認識出来ない

    レコーダー

    ・録音はバックグラウンドでも継続する
    ・録音した音はバックグラウンドでも継続再生出来る
    ・iCloudへの追加やOneDriveなどのクラウドへの追加やコピー、メモに追加や各種アプリにコピー可能
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・純正(iPhone7のボイスメモ)の様な波形表示がない (メモに送り保存、再生すれば波形を表示させる事も可能、勿論、コメント追加も可能)
    ・.wav(44.1KHz、160MB/h程度?)で高音質ながら、ボイスレコーダーなどの.aacに比べ10倍程度メモリを消費する

    Adobe Comp CC

    ・簡単に画像にオーバーラップした透明度を調整した説明文を書き画像に出来る
    ・プロジェクトとして保存され後から編集可能
    ・AdobeCreativeCloud(2GB無料)で他のAdobeアプリと連携可能
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・他のAdobeアプリが使いたくなる😅

    Adobe Scan

    ・撮影した画像やカメラロール内などの画像をPDF化出来る
    ・AdobeCreativeCloud(2GB無料)で他のAdobeアプリと連携可能
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・PDF文書に文字入れ出来るAdobe Fill&Signが使いたくなる😅

    備考:
    アプリ名をタッチして頂くとApp Storeに、青文字をタッチして頂くと関連情報にジャンプ出来ます。

    テーマ : 節電型ネットワーク
    ジャンル : コンピュータ

    お薦め無料アプリ6(筆圧、指圧対応)

    全てに満足してる訳では無いのですが、気に入ってるポイントがあり どうしても消せず使用してる無料(アプリ内課金含む)アプリを お薦めアプリとして紹介させて頂きます。
    今回は、Apple Pencilを使い始めたので使用日時が少ない物もありますが指圧に加え筆圧に対応する3つのアプリですが、何れも iOS11のメモアプリの様なペンの傾斜までは対応していませんでした。

    Paper

    ・iPad Pro+Apple Pencilで筆圧に対応
    ・iPhone7などの3Dタッチ可能端末で指圧に対応
    ・Spritt Viewに対応
    ・複数のノートを作成出来る
    ・手書きメモ(絵)が書ける
    ・写真を貼り付け、手書きメモ(絵)を書き込める
    ・編集可能なテキストページを作成出来る
    ・複数ページをノートの様にめくったり、一覧表示が出来る (AirPlay(Tumaoワイヤレスアダプタ使用)を活用したプレゼンをする時のホワイトボードとしても使用予定)
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・入力は横画面でしか出来ない
    ・テキストと手書きメモ(絵)との共存が今一
    ・クラウドに1ページ(画像)の保存は出来ても読み出せない

    ibisPaint X

    ・iPad Pro+Apple Pencilで筆圧に対応
    ・iPhone7などの3Dタッチ可能端末で指圧に対応
    ・曲線や直線が書ける定規ツールを利用出来る
    ・142種類のブラシを利用出来る
    ・32本の画像フィルターを利用出来る
    ・46種のスクリーントーンを利用出来る
    ・24種類のレイアーブレンドモードを利用出来る
    ・豊富な線画モードを利用出来る
    2018.1/1最新バージョンでの問題点:
    ・クラウド保存に対応していない

    MediBang

    ・筆圧に対応
    ・iCloudに対応しiPhoneとiPadの連携作業も出来る
    ・1000種以上のブラシ・トーンが利用出来る
    ・バケツツール・自動選択ツールに隙間閉じ機能がある
    ・テキストツールにふちの角を丸くする機能がある
    ・これだけでイラスト・マンガを製作出来る
    ・ハーフトーンレイヤー、マスクレイヤー、ステンシルレイヤーなどがあり、ソフトライト、ハードライト、色相、彩度、カラー、輝度レイヤーブレンドに加え徐算もある
    2018.1/2最新バージョンでの問題点:
    ・指圧に対応していない
    ・横画面に対応していない

    備考:
    アプリ名をタッチして頂くとApp Storeに、青文字をタッチして頂くと関連情報にジャンプ出来ます。

    テーマ : 節電型ネットワーク
    ジャンル : コンピュータ

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    2010.10/4~