FC2ブログ

    BluetoothスピーカーVL-S3BTをサブウーファーSA-CS9と接続出来る様に改造しました!

    VL-S3BT(14Wx2,80Hz~22KHz,7.26cm+1.27cm,クロスオーバー8KHz)の唯一苦手な28Hz~の重低音を25cmのサブウーファーSA-CS9で補強する為にVL-S3BTを改造して接続しました
    有線(HDMIセレクタ絶縁トランスなど)有線並音質のaptX接続(REI 2 Dualなど)BluetoothスピーカーVL-S3BTサブウーファーSA-CS9の組み合わせは、女性ボーカルも自然でボディソニック的な迫力ある音にも包まれるのでお薦め出来ます

    参考:
     23.8インチディスプレイBL2420PTサイドで約0.6~1.2mで視聴し必要十分な音量で夜間でもヒスノイズが目立たない14wx2、視聴が多い女性ボーカルが自然なフルレンジシングルスピーカー的な音を再生出来るクロスオーバー8KHz有線並音質のaptXに加えAACに対応してるのでVL-S3BTを選択しました。



     現在、REI 2 DualaptX接続、Apple WatchiPhone710.5 iPad ProAAC接続に加え、BL2420PTの3.5φヘッドホン端子→絶縁トランス→VL-S3BTのRCA-inで、LT-H910DTVfireTVstickTumaoワイヤレスアダプタとHDMIセレクター経由で有線接続しています


     サブウーファーの接続方法ですが、VL-S3BTにはR側スピーカーしか接続出来ず重低音の補強効果が少ないと思われるので、LRとも接続出来、‪L側ユニット内のパワーアンプを使用せずスピーカー単体でも使用出来る様に‬改造する事にしました


     明日、ケーブルを購入、VL-S3BTを改造する予定です。


     こんな感じで改造しました。(改造するとメーカー保証が効かなくなりますので、改造は自己責任でお願いします。)
    ケーブルが片側最低3m(≒1.7m+1.3~1.7m)必要だったので、0.75sqではなく、よりロスが少なくダンピングが効いた音が再生出来、音の濁りが減るシースタイプ1.25sq(AWG16)を使用しましたので、ケーブル延長の影響も無くボーカルなどのセンター定位もボゲずに右側だけケーブルありで僅かに左よりっだったのも改善しました。


     今まで僅かにしか聴こえなかった 映画やドラマの効果音、ドラムのキックや大太鼓、オクトバスや電子楽器などの重低音が、振動やうねりを伴って聴こえ、バランスを崩さず音に臨場感厚み、ボリューム控えめでも迫力さえ出てるので、VL-S3BTSA-CS9組み合わせはお薦め出来ます!
     また、重低音が再生される様になった事でApple Watch,iPhone7,10.5 iPad ProなどとのAAC接続でもカットされた高音域で役不足を感じる事があり、AmazonMusicは REI 2 Dual有線接続並の高音質なaptX接続、動画視聴は LT-H910DTV(+HDD) かfireTVstickのHDMIセレクターと絶縁トランス経由の有線接続が殆どになりました
    遠い親戚の1棟4軒のアパートながら 他の2棟と違い1人だけで住めてるのと 他の棟と数m 他の家と10m以上離れ 好きな音量で聴けてて、椅子に長時間座る生活は心臓に負担をかけるので座る生活にしてるので、身体への音圧に加え、畳→寝袋→足、畳→座椅子→身体、テーブル→腕 の振動も感じ易い環境で、身体への音圧や振動が癖になってしまいました

    その他:

     磁石で左右がくっつき 首にかけたままに出来る Bluetoothヘッドセットも ATGOIN BT565M変えましたが、aptXに加えAAC対応で高音質、7時間以上使用出来るのでお薦め出来ます!
     但し、購入時は高音がノイジーなので十数時間のエージングと、低音重視の方はイヤーチップをLに交換する必要があります

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    2010.10/4~