理想的なハードウェアの HP Elite x3 と、Suicaとして使用出来る iPhone7 と、私がAndoroid携帯を使用しない理由などについて!

    先日、ブログの更新中にWindows10タブレットPCのBlutoothのトラブルでBlutoothキーボードの入力中に問題があったのではないかと思いますが、日々更新してた情報、Elite x3 や New iPhone のなどに関する記述や、多数の資料へのリンクが無くなってしまったので、このブログでは、理想的なハードウェアの HP Elite x3 と、Suicaとして使用出来る iPhone7 と、私がAndoroid携帯を使用しない理由などについて、記述し直しします。

    Andoroidを採用した携帯を常用端末として所有してない理由:
    私は40年近く前からハードウェアの開発や基本ソフトウェアの開発などを行って来たこと、数年前にはネットワーク専門校でセキュリティなどを教えたり、日本全国の専門学校向けのネットワークの認定試験1級、2級、3級すべての作問を行ってた時期もあった事もあり、Andoroidを採用した多くの携帯がハードウェアを拡張してる事で、Andoroidの最新版に更新できなく、セキュリティフォールを塞げないままユーザーが使い続けざるを得ない現実が許せないのでテストなどで短期的には使用しますが常用する事はありません。

    iPhoneを使用してる理由など:
    ハードウェアとソフトウェアが同一メーカーである為、OSのアップデートが保証されてて高いセキュリティを維持出来てた。
    iPhone4s(16GB)はアップデートを繰り返し約5年使用出来ました。
    クラウドは、iCloudが無料の5GB(メモやブックマークなどの自動同期と一時的にiOSのバックアップに使用していますがカメラロールの自動同期は使っていません)、OneDriveが無料の30GB(メインで使用、但し同じ使用量のメモリがWindows10タブレットPC上に必須なのでAmazonPhoto保存分は含まれません)、AmazonCloudが無料の5GB(動画保存に使用)、Photoが無限(食材や食事、がん関係の画像保存に使用。サイズ変更や再圧縮なし)で、いずれも画像・動画の自動保存を解除して選択・保存で使っていますが、iOSはアプリの提供が早いのと更新も早いので安心です。

    Windows 10 Mobileについて:
    現在は提供アプリが少ないですが、OSのアップデートが保証されているのでセキュリティ的に安心なのと、モバイルホットスポットが実用に耐えたのと、Windows10タブレットPCとのデータのやり取りもスムーズ(OneDriveをONにしてると端末のキャプチャも専用フォルダを通して共有できる etc)でOffice Mobileも使えるので実用的です。

    HP Elite x3 について
    2560×1440ドットと高解像度で見易い有機ELでOffice文書が扱い易いのと、4150mAhの大容量で1000回充電できるバッテリーを搭載しSIMフリーなのでWiFiルーターとしても安心して使用出来そうなのと、IP67とMIL-STD 810G対応なので選びました

    CPUはQualcomm Snapdrgon 820(MSM8996)、4GB LPDDR4(RAM)、64GB内蔵ストレージ(eMMC 5.1)、microSDXC対応(最大2TB)、背面カメラ1600万画素(光学式手振れ補正、4K(30fps,24fps,15fps)、f2.2)、前面カメラ800万画素(f2.2)、240万画素赤外線カメラ(虹彩認証用)、指紋センサー、米軍調達基準(MIL-STD 810G)対応、IP67の防塵・防水仕様、高速充電QuickCharge3.0、無線充電(WPC(Qi)/PMA dual mode)、5.96インチ WQHD(2560×1440ドット)アクティブマトリクス型有機EL(AMOLED)、約1000回の高耐久4150mAh大容量バッテリー、SIMフリーDSDS低遅延高音質aptX対応?
    ・OSはWindows 10 Mobileで、OSやセキュリティアップデートが長期間期待出来る
    ・Windows10タブレットPCからモバイルホットスポット(WiFiルーター、テザリング)の起動が可能
    問題点:
    ・PrimePhotos,PrimeVideo,AmazonMusicなどのアプリがない
    ・NFCは内蔵してるもののSuicaなどの使用履歴の読出しは出来てもアプリがないのでSuicaとしての使用には未対応

    iPhone7 について
    Suicaに10月25日から対応し何時何処でもクレジットチャージが出来る(コンビニなどでの現金チャージも可能)
    IP67の防塵・防水仕様になった
    ・リアカメラがiPhone6sになかった光学式手ぶれ補正が採用され、iPhone6sの29mmから28mmの僅かながら広角になり、iPhone6sのf2.2より明るいf1.8になり薄暗い場所での撮影が強化された
    ・インカメラが700万画素(f2.2)に引き上げられ高画質なセルフィー撮影が可能になった
    ・A10 FusionチップとM10モーションコプロセッサを搭載してて処理が高速になった
    ・OSやセキュリティアップデートが長期間期待出来る
    SIMフリー端末を購入したので、災害時やElite x3故障時などにSIMを自由に差し替えられる
    問題点:
    ・1334x750ドットと少し解像度が低い
    ・私の理想は4インチ以下なので4.7インチと少し大きい
    ・バッテリーが約500回の1960mAhと小さい(電話で使用せず4G(LTE)も最小限でWiFi経由で使用する事で節電可能)
    ・IPX67ながら無線充電に対応していないのでlightning端子が濡れた場合は5時間位充電できない
    ・BluetoothはAAC対応ながらaptX非対応 (高音質ストリーミングサービスでもAAC音源でないと再圧縮され高音質で聴けない場合があります)
    ・iPhone7sで採用されると思うデュアルカメラではない

    iPhone7 Plus を選ばなかった理由
    メインメモリが1GB多い3GBで、28mmと56mmのデュアルカメラを活用した背景を暈せる被写界深度エフェクト機能に未練はあるものの、Elite x3 より若干小さいだけの5.5インチはSuica機能使用時も含め移動中の片手使用には大き過ぎるのと、

    防水12m 耐ショック1.5m 耐寒-10℃ 光学ズーム5倍 1cmマクロ WiFi対応 RICOH WG-30W を持ってたので、iPhone7 Plus を選びませんでした。




    テーマ : 節電型ネットワーク
    ジャンル : コンピュータ

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    多くのMVNOの中からぷららモバイルとDTIのSIMを選び、iPhoneに通話SIMを入れなかった理由など!

    先日、ブログの更新中にWindows10タブレットPCのBlutoothのトラブルでBlutoothキーボードの入力中に問題があったのではないかと思いますが、日々更新してた情報、Elite x3 や New iPhone のなどに関する記述や、多数の資料へのリンクが無くなってしまったので、このブログでは、多くのMVNOの中からぷららモバイルとDTIのSIMを選び、iPhoneに通話SIMを入...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    2010.10/4~