多くのMVNOの中からElite x3にぷららモバイル、iPhone7に楽天モバイル(DTIから変更)のSIMを選び、メインのiPhoneに通話SIMを入れない理由など!

    先日、ブログの更新中にWindows10タブレットPCのBlutoothのトラブルでBlutoothキーボードの入力中に問題があったのではないかと思いますが、日々更新してた情報、Elite x3 や New iPhone のなどに関する記述や、多数の資料へのリンクが無くなってしまったので、このブログでは、多くのMVNOの中からぷららモバイルとDTI楽天モバイルのSIMを選び、iPhoneに通話SIMを入れない理由などについて、記述し直しします。

    2台2回線での運用は、自宅のネットワーク機器での節電と通信コストを同時に削減するだけではなく、大規模災害時に避難しながらでの情報発信(契約してるレンタルサーバーは西日本、ブログサーバーは海外)も含めたネットワークを維持できる 節電型ネットワークの要です。(勿論、複数機器なので、携帯端末故障とデータロストにも対応できています。)

    具体的には、2013.3/2~ぷららモバイルのデータ通信専用 maicroSIM(2016.9/31で解約)、2016.9/6~ぷららモバイルの定額無制限&SMS&通話 nanoSIMを、2016.9/14~DTIの3GB&SMS nanoSIMを使用していますが、数あるMVNOの中から選んだ理由などを記述します(2017.2/21:DTIの解約手続、2/28で解約楽天モバイルを契約、2/23午後にSIM到着。)

    ぷららモバイルのデータ通信専用 microSIMを選んだ理由:
    ・2763円/月とコストパフォーマンスが高い
    ・ぷららはNTTグループで、過去に低価格なインターネット接続プロバイダとして使ってた時期があり問題がなかった
    使用端末や使用携帯など:
    ・2013.3/2~2014.11/30までは、二段階定額プラン(WiFiルーター WM340に挿入、362円・2,362円/月)で使用
    ・2014.11/26~2015.11/30までは、WiMAXルーターを使用(下りも遅くなり出し上りもブログ更新などでエラーする事が多くなったのとWiMAXの解約金が1年過ぎで減額されたのでWiMAXは解約)

    ・2015.12/1~2016.9/30までは、定額無制限プラン(3Gで最大1.5MBbpsでの動画使用に疑問があったがLTEで最大3Mbpsプランが出来てたのでKATANA01で使用する為にプラン変更)で使用
    ・2016.9/6に、定額無制限&SMS&通話 nanoSIMを新規契約したので、2016.9/19に解約手続、2016.9/30で解約

    ぷららモバイルの定額無制限&SMS&通話 nanoSIMを選んだ理由:
    3463円/月(税込3739円/月)とコストパフォーマンスが高い
    ・データ通信専用 microSIMで20~60GB/月(下記画像など)使用して、最大3Mbpsは早くはないが実用上支障のない速度だった
    ・最大3Mbpsでも混んでる場所、混んでる時間帯にはYouTubeなどの動画が止まるが、極端には速度が低下しなかった
    ・MVNOとしては通信が安定してて、短期間で解約して違約金やMNP転出料を払わずに済みそう
    1日何GB使っても通信制限がかからずテザリングも可能
    ・U-mobaile PUREMIUM など最大速度を規制せず定額無制限プランを提供してるMVNOは、大量なデータ通信があると速度規制を行ったりするので、下記画像などの様に20~60GB/月使ってたのとi-dioは300MB/hを通信するので実用に耐えないと判断した (2017.1/31:12月と1月は124GB使用してしまいましたが速度制限がかかる事はありませんでした)
    ・U-mobaile PUREMIUM など最大速度を規制せず定額無制限プランを提供してるMVNOは、バースト転送を行っていてもユーザー増加で混んでる場所、混んでる時間帯に極端に下りが遅く実用性に乏しい事が容易に創造出来た
    使用携帯など:
    ・iPhone4sの番号をMNPして、現在、KATANA01(Windows10モバイル、主にWiFiルーターとして使用)で使用

    HP Elite x3(Windows10モバイル、WiFiルーターとしても使用) に移行予定

    DTIの3GB&SMS nanoSIMを選んだ理由: 楽天モバイルの3.1GB&SMS(050) nanoSIMを選んだ理由:
    990円/月(1,073円円/月)とコストパフォーマンスが高く、6か月間基本使用料が無料(税込3円/月のみ、実用に耐えなかったら事務手数料まで元が取れる3ヶ月以降に大災害時の為にAu回線mineoか、楽天ポイントで支払え割安な楽天モバイルに乗り換える可能性があったが、mineoデザリングに使えない問題と1種類のSIMで3G(回線交換)とVoLTEの両方が利用できない問題、楽天モバイルの3.1GBプランにテザリングに使用出来ても3日で540MBで速度制限がかかる問題があったので継続予定)
    ・インターネット接続プロバイダを行ってた実績があり中長期では安定性が期待できる、後発(他社との差別化が期待できる)のMVNO

    http://dream.jp/mb/sim/support/manual/からWiFi環境でAPNの構成ファイルをインストール可能
    通信制限が3日で2GB以上と緩くテザリング(ぷららモバイルの障害時でもWindows10タブレットPCなどを使用出来る)も可能

    追記:2017.2/21
    楽天モバイルが、3/1から3日間の速度制限を解除するとの発表があったのと、速度アップ(Web記事で速度低下少ない)とポイント割引(楽天ポイントでの支払可能)にも期待出来るので SMS(050番号)あり, 3.1GB, 1,022円/月(税込1,104円/月)に 乗り換えました
    Skypeと違ってViberは050番号の発信者番号通知が可能(携帯電話へ11.1円/分、固定電話へ3.4円/分で発信可能)
    ・基本的にWiFiルーター(Windows10モバイルのモバイルホットスポット、ぷららモバイルの定額無制限)経由で使うので、3.1GBで十分(未使用分は翌月に繰り越し、但し、低速時でも3.1GBを消費)
    ・ぷららモバイルの回線スピードが遅い時間帯はWiFiを解除、4G(LTE)回線を使用する事で、別プロバイダなので速度アップが期待できる

    http://mobile.rakuten.co.jp/article/iphone/setting/からWiFi環境でAPNの構成ファイルをインストール可能
    使用携帯など:
    HP Elite x3でのテスト使用以外は、iPhone専用(iPhone4siPhone7)


    (9/10に新規契約したSIMが届き使い始め、9/17に1日で6.026GB使用していますが約3GBはiPhone4sのバックアップの為のデータ通信です。右側資料は…


    防水12m 耐ショック1.5m 耐寒-10℃ 光学ズーム5倍 1cmマクロ WiFi対応 RICOH WG-30W を持ってたので、iPhone7 Plus を購入しませんでした。)

    メイン(アプリが豊富、小さい?、カメラが暗さに強い)iPhone7にSMSのみで通話SIMを入れない理由:
    ・MVNOのSIMが実用に耐えなくなったら6~12ヶ月待たずに何時でも違約金なしで乗り換えられるのと維持コストが安い
    ・移動中はバックの中に入れたままが多いWindows10モバイル端末(KATANA01→Elite x3、WiFiルーターとしても使用)フリーダイヤルやナビダイヤル、119や110へ発信出来る090番号を持ってるので必須ではない(予備のBluetoothヘッドセットで音楽を聴けていれば2台からの同時着信待ち可能iPhone7Elite x3と同様にフリーSIMなので必要性があり差し替えれば090番号での発着信も可能)
    ・移動中は電話に出る予定がない(050番号は自宅扱いなので、出なければ不在と思って貰える?)
    ・通話の必要性があれば、Skype(SIM契約に依存しない050番号を2940円/年で取得し自宅番号として携帯番号以外が必要な書類に記載)60分/月まで携帯電話へでも固定電話へでも400円/月以外の追加課金なしで発信できる
    ・iOS10では、090番号と同様に Skype等を起動していなくても、ロック画面でもSkype等の着信に応答出来ヘッドセットで音楽を聴いている時でもSiriが着信相手を教えてくれる
    楽天モバイル050SMS3.1GBデータSIMへの移行に関連してSkypeの050番号の解約を検討中(2017.2/22。2/23楽天モバイルに乗り換えましたがViberの番号は未到着ViberもSkype同様にiPhone7のロック画面での着信やヘッドセット時に便利なSiriの番号呼び上げも問題なく機能しました。2/24200Kbpsの低速時でもViber(050通話)やAmazonMusicが使用出来たので4/16のSkypeの契約更新日までに解約の結論を出せそうですオンラインで変更できる全てとオンラインで依頼できる全ての050番号を変更しました。)
    ・通話用の090番号を持っていなくてもiMessegeでiPhone同士(Apple製品同士)なら画像を含めたメッセージのやり取りが可能
    ・SMS契約があるので電話出来ない状況でもiPhone以外の他社携帯にもショートメッセージで連絡できる
    ・電話で使用せず、Elite x3の回線が遅い時間帯以外は、4G(LTE)やテザリングを使用せず約1000回充電できる4150mAhElite x3のWiFi経由で使用する事で、電池が約500回で1960mAhしかないiPhone7の節電が可能

    2017.3/1~、自宅を含めた電話とパケット無制限のネットワーク代で税込4,843円/月と節約できるだけではなく、
    携帯2台での運用は、故障や回線障害にも対応できます!

    追記:10/10,2017.2/23
    ぷららモバイル-SIMは、20:20に、下り1.78Mbps、上り1.71Mbpsでした。
    DTI-SIMは、20:22に、下り1.05Mbps、上り1.78Mbpsでした。

    楽天モバイル-SIMは、13:43に、下り4.22Mbps、上り4.06Mbpsでした。



    テーマ : 節電型ネットワーク
    ジャンル : コンピュータ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    2010.10/4~