室温計の位置も変更、節電を重視した 真夏日環境 に変えました!

    昨日、つくば市で今年初の真夏日との事だったので、室温計の位置を畳面からカーテンレールに変更、真夏日環境に変えました!


    ・カーテンレールの高さでの最高室温は、34.0℃でした。
    ・ベッド横(座椅子に座ってる時の頭の高さ)の最高室温は、32.9℃でした。
    ・熟睡に不可欠な32℃で自ら通気を行う、表面がさらったとしてるベッドパッドのみにしました。


    ・近くに置いてる、ソーラーパネル+蓄電池で動作してる25cm扇風機です。(昨年は、弱風にして足元のプリンターの上に置く事で、熱帯夜でも安眠出来ました。8/4追記:今年はベット横にしました。)
    ・室内空気を排出する為などに使ってる、ソーラーパネル+蓄電池で動作してる30cm扇風機です。
    ・室内に籠る空気を循環させる為、日中の数時間のみ使用するAC100Vで動作してる35cm扇風機(サーキュレーター)で、寝室ではなく、西日が強い作業部屋に置いていて、昨年は、風の弱い日のみ数時間スイッチを入れ、天井に熱が籠らない様にしていました。(押し入れも熱が籠らない様に、なるべく開けています。)

    自分に風を当てる扇風機+風が弱い日でも室内空気を排出する扇風機+室内をなるべく暖めさせず空気を循環させる扇風機 によって室温を抑えられ、電気料金を節約出来てたと思います(今年は、血液がんの抗がん剤による治療中ですので、クーラーも弱く使おうかなとも思っています。)

    夏の電気代節約ポイント!冬の電気代節約ポイント!を、よかったらご覧下さい!

    賃貸(アパートetc)でもソーラーパネル(窓1,窓2車の屋根に設置)防災対策節電出来ます!

    売電しない、出来る限りAC100Vを経由させず高効率DC/DCコンバーター蓄電池を使い、DC家電で、電力を地産地消する事が重要だと思っています。

    テーマ : 蓄電型ソーラーシステム、節電アクション.jp
    ジャンル : その他

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    夏の電気代節約ポイント!(蓄電型ソーラーシステム編)

    賃貸(アパートetc)でもソーラーパネル(窓や車の屋根に設置)で 防災、節電出来ます! エアコンや扇風機、冷蔵庫などの電気を使用した電気器具などで電気代が家計を圧迫する夏、電気代節約のポイントを紹介します。 共通の解決策! 熱が一番逃げるのと光が入り熱くなるのは窓なので、レースのカーテンは赤外線を通し難い物を選び、明るさが確保できれば雨戸や厚手のカーテンを使用して下さい。 ...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    2010.10/4~