第136回目と第137回目のZなオフミを茨城県から遥かに遠い岡山県で開催出来ました♪

    第136回:「S660のフルZチューン」のZなオフミは、岡山駅近くのホテルにhigh4さんに迎えに来て頂く所から始まりました。

    S660、凄く良い車でした🏎
    3気筒6インジェクターのエンジンの潜在能力に驚かされました。
    ROMチューンの限界を25年位前に感じた私は、協調させる事で純正コンピュータだけではなく、メカも含めて間接的にチューンする事に拘って来ました


    第137回:「感謝!」のZなオフミへは、予定の14時を過ぎてた事もあり、一部仮固定で向かいました

    S660のフルZチューン序に、人生最後だと思う
    第137回 Zなオフミ「感謝!」
    を茨城県から遥かに遠い岡山県で出来ました。
    皆さん、ありがとうございました。
    Zチューン、忘れないで下さい!


    25年位前にエンジンを短命にするドーピングしかできないROMチューンに限界を感じ、愛車に乗るだけで違いを体感できる 電装系全般のチューンに拘り、協調動作させ純正ECUを間接的にプログラミングし潜在能力を開花させる誰も目指していない車用コンピュータのプログラミングとセンサーなどのハードウェアを理解されてる一握りのエンジニアにしか理解されない考え方に行き着き、Audioを含む全部の電装品の同時チューンにも拘って来た為に、Zチューンユーザーには、Mutoh式アース法で 究極を追及しても Audio以外では最大10%の改善率しかないアーシングが含まれている事で、Zチューンはアーシングではないかと揶揄されて肩身の狭い思いをさせてしまい、ほんとに申し訳ありませんでした。

    参考:
    私も昔、3年間だけロードスターのオーナーでしたが、再びは叶わなくなりました

    テーマ : Zチューン.jp
    ジャンル : 車・バイク

    第135回目のZなプチミで、燃費とパワー、Audioの音質などを同時に改善する為に、CR-ZをフルZチューンしました♪

    日々の情報は、RTが多い@Mutoh_ZとRTが少ない@Z_MutohのどちらかのTwitterをご覧下さい!
    (2014:特に子供達への負の遺産内部被曝を少しでも減らす原発関係産廃関係のリィツイートが増えますのでご了承下さい)
    Zチューンに関しては、こちらなどのブログもご覧下さい!
    ブレーキ&ソーラーアシストに関しては、こちらなどを、節電に関しては、こちらなどのブログをご覧下さい!
    過去のインプレや燃費は、こちらこちらのリンクを、最近のインプレは、Zなプチミに追記した部分などをご覧下さい!
    Windows8.1タブレットPC、WindowsXPやセキュリティ、WiFiルーターやネットワークについては、こちらなどをご覧下さい!

    -------------------------------------------------------------------------------------------

    今日は、山梨県から遥々茨城県つくば市までいらして頂き、10時過ぎ~15時30分位まで135回目のZなプチミで CR-ZにフルZチューンを施工させて頂きました。(30分位で着く私が遅刻してしまいました。申し訳ありません!)


    手加工で高性能が得られるベースプラグが販売されましたので、本日から、FITとCR-Z(ZF1)用のZ-Plugのベースプラグが変わりました
    但し、未加工では純正プラグ(NGKのOEM品)よりある面で落ちるので、加工されない方は純正プラグを使用される事をおススメします。



    こんな感じで取付、HDS(WindowsXP上で動作)で ECUをリセット、水温が90℃以上になるまで放置し、アイドリングの学習を終わらせてから、お帰り頂きました。


    現段階の私の感想としては、モーターアシストの力(量が減った?)が取り付け前よりも感じないように思います。
    ECUが学習している段階だからかもしれません。
    学習させる意識が働いているせいでアクセルをあまり踏めていない可能性も考えられます。

    ただ、燃費、オーディオの音質、バッテリー充電量は確実に上がっていることを実感しています。

    明日以降、一度フルアクセルを実施していろいろ検証してみたいと思います。

    などと、実家からファーストインプレを頂きました。

    モーターアシスト力(量)が減った感覚は、ご指摘の様に「アクセルをあまり踏めていない」可能性に加え、エンジンのトルクの凹が減った事で、アシストが不要と学習してる可能性も考えられますので、このまま学習を続け、アクセルを踏み増してもアシスト力が増えない感覚がありましたらお知らせ下さい。

    遥々お越し頂き、ありがとうございました♪

    備考:
    学習中は、体感が変化しますが、そのまま走行を続けて学習を完了して貰っています。
    また、24時間以降は、今まで通りの走行が可能ですが、出来るだけ、一度、フル加速してエンジンの調子を高負荷、高回転まで確認して頂く事をおススメしています。

    参考:
    燃費を最大にする場合は、更に、ディラーでCVT(AT)のリセットと初期学習(直ぐには高速に乗れず、決められた走行が必須)と学習走行(普通に走って頂くだけで問題ありません)が必須です。

    11/7(金)迄、製作受付を継続していますので、気になる方はお急ぎ下さい!

    追記:11/2

    本日アクセルベタ踏みをして長時間運転してみました。

    モーターアシストも問題なく行われるようになりました!
    またアシストが切れてからの加速も、極端に悪くなるのが改善されていました。

    素晴らしいチューニングをしていただきありがとうございました。

    次はcvtのリセットをして上手に学習させてみようと思います。

    と、セカンドインプレを頂きました。

    追記:11/3
    弄りオフがあり、high4さんのフルZチューンされたN-BOX (Tubo,4WD) をエリえぬさんが試乗され体感頂けた様です

    追記:12/5,12/7
    本日発送、12/7の弄りオフで、テン&ブラウニーさんのアコードツアラーにZ-PlugエリえぬさんN-BOX (Tubo,FF) をフルZチューン頂ける事になりました

    第134回目のZなプチミで、燃費改善とパワーアップなどを同時に実現する為に、RR2をフルZチューンしました♪

    今日は、福島県から、NAVI(RR2は地図更新の為、HDDなし。トランシーバーで連絡を取りながら来られたそうです)としてアルファードに先導して貰いながらの2台でつくば市までいらして頂き、3台で134回目のZなプチミを開催、フルZチューンを施工させて頂きました。

    写真を拡大します

    フルZチューン後、エンジンを暖める為に、近くを走って来て頂き、HDSで、ATをリセット、そして、ECUもリセット、水温が上がりきり、ラジエターファンが2回回るまで待機、アイドリングの学習を完全に完了させました。

    アイドリングの学習が終わっても、無駄話しにつき合わせてしまい18時少し前の解散になりました。 (12時半位から開始しましたので、取付4時間位、暖機&テスト走行+αで1時間位だったと思います。)

    福島に帰宅後?、地元のオフ会に参加される予定だったそうですが、解散する前に到着できたのか、少し心配です。

    遥々お越し頂き、ありがとうございました♪

    追記:9/15

    燃費報告としまして、つくば~福島(高速300㎞?)12.9㎞/ℓ
    福島~郡山(下道56.7㎞)12.0㎞/ℓ
    でした!RR2としては燃費的にはどうでしょうか?

    ベタ踏み封印状態ではありますが高速道路入口でアクセル半分ちょっとでZチューン前のような加速でスピードがでて驚きました!
    クリープもなかなか減速しないので驚いております!早めにアクセルを離す事を覚えました(笑)

    などとメールを頂きました。

    RR2は、リアルタイム4WDで、RR1(FF)と違い、路面の凹凸でも後輪を僅かに引きづるので高燃費の頭打ち感があるのと、茨城→福島はどちらかというと登り勾配で、RR2の10・15モード燃費は10.0Km/Lだったと思うので、確実に改善されてる様で、安心しました。

    参考:
    アイドリングの学習は、電気負荷が最小の時の車種毎に定められたエンジン回転数を維持する為の情報をバッテリーやECUコネクタを外しても消されないメモリエリアに、DBWなしでアクセルとスロットルが繋がってるRR1~RR2は、RACVの基準値を、RR3~RR6は、DBWの基準位置を保存する事で、シフト時やアクセル開放時などアイドリング回転数の維持が必要な時にエンジンの息継ぎが軽減されたり、低回転域のスムーズさが増すなどの効果もあります。
    また、バッテリーやECUコネクタを外すと、大事でないエラーや、AT(CVT、DCT)の一部の学習データ(その人の乗り方を1週間前後で覚える車種が多い様です)などの情報が消され、エンジンコントロール用の大事な学習データや大事なエラーは消えないエリア(EEROMなど)に保存される車種が多いです。

    テーマ : Zチューン、ソーラーアシスト、ブレーキチャージによる燃費&パワーなどの同時改善
    ジャンル : 車・バイク

    スカイラインクロスオーバーにトレーラーを連結する為のLEDテール用超高感度2回路リレーの仕様と製作、取付!

    スカイラインクロスオーバーに、パジェロ用のZチューンパーツを載せ替え、その後、FinalAid-4-ZZを追加しましたが、その時に、トレーラーを連結する為のLEDテール用超高感度リレーの製作を依頼されました。

    画像を拡大します!

    当初の仕様:
    ・LEDテール専用の小電流回路(片側)に、左右の電球を接続出来る
    ・ストップ(21Wx2個)のみの1回路
    ・防滴(簡易防水)

    回路図入手後の最終仕様:
    ・LEDテール専用の小電流回路(片側)に、左右上下中央の電球を接続出来る
    ・ストップ(21Wx2個)と、スモール(5Wx5個)の2回路
    ・防滴(簡易防水)は、必ずしも必要なし

    当初、回路図がなかった事で、電球(LED)切れ回路が実装されててもエラー警告されない微弱な1mA以下で動作する物を設計していましたが、回路図が手に入りLEDテールユニットのコネクタを外しエラー警告されない事を確認できましたので、100mA以下なら市販の小電流リレーでも動作する可能性が高く、必ずしも1mA以下で動作する超感度リレーを装着する必要が無い事をお伝えしたのですが、市販品を2個使い配線する事が面倒との事で正式依頼を受けて製作しました。

    画像を拡大します!

     動作電流: 1mA以下 (青白線各)
     接続可能電球: 最大21Wx4個 (青白線各、合計最大150W
     非動作時電流: 0mA (赤黒線)
     2回路動作時消費電流: 最大150mA (赤黒線)
     車両接続ケーブル: 赤(+12V)黒(ボディアース)線
     LEDテール接続ケーブル:青(スモール)白(ストップ)線 (単独配線側)
     トレーラー接続ケーブル:青(スモール)白(ストップ)線 (赤黒線、動作確認2色LED側)
     動作確認2色LED: ブルー(青線)、レッド(白線)、ピンク(青線+白線)
     防滴(簡易防水): 水深0.5m以内
     その他: 青線と白線は、どちらがスモールでも、ストップでも使用可能、
          但し、赤線の最大電流が13Aで2回路で最大150W以下(21Wx2x2+5Wx2x2+5W=109Wなど)迄使用可能。

    こんな感じで製作を完了、只今、乾燥に入りました。

    追記:9/3
    画像を拡大します!
    オートバックス土浦北インター店で、マイエリのオイル交換中に、キボシ端子を追加し車両(トランク内)に取り付けました。

    参考:
    今回、LEDテールからの引き出しには、防水型のワンタッチコネクタを使用しましたが、一般的なワンタッチコネクタも、線の太さに応じての選択と、ラジペンではなくプライヤーなどで正しく圧着する必要がありますので、ご注意下さい。

    テーマ : Zチューン、ソーラーアシスト、ブレーキチャージによる燃費&パワーなどの同時改善
    ジャンル : 車・バイク

    気持ちいい加速と、燃費改善が同時に実現できるフルZチューンを施工する第133回目のZなプチミを開催しました♪

    今日は、9時30分頃から、山新グランステージつくば店の3F駐車場で、第133回目のZなプチミを3台で開催して、RR1とRR3に燃費改善やレスポンスアップする、フルZチューンを施工しました♪

    写真を拡大します 
    写真を拡大します 

    RR1(2.4L),RR3(3.0L),RR1(マイエリ)で、Zなプチミを開催、今日は昨日の疲れもあるので、お手伝い程度にさせて頂き、お二方に猛暑で無風ボンネットの向きが昨日と逆で、たった6mの違いで風が通らない事が後で解りました。滝汗)に近い中で、長時間作業を行って頂きました。

    片道200数十Km走行に加え、5時間越えの施工、大変ご苦労様でした!

    参考:
    ・RR3は、気筒休止(1.5L走行)の時間が増えますので、うまく活用して高速燃費を稼いで下さい。 (可能なら3気筒のままで何時間走行しても問題ありません。RR3は気筒休止の110Km/h位で最大燃費、RR1は80Km/h弱で最大燃費が出ると思います。)
    ROM(ECU)チューンしていないRR3をZチューンされた方で250PSのパワーを必要としない方は、プレミアムガソリンの代わりにレギュラーガソリンを入れると最大パワーが230PS程度まで落ちますが、問題なく走行可能ですのでガソリン高騰時期などにご活用下さい。 (RR3で30万Km以上レギュラーガソリンで走られている方がおられますが、レギュラーガソリンには洗浄剤などが少ないのでシリンダー内の汚れにはご注意下さい。)
    ・RR3は、DBW(アクセルとストッロルの間にコンピュータとモーターが入って、穏やかなアクセル操作に抑制します。)ですが、ZチューンはROM(ECU)チューンと違ってその部分のパラメータを弄って体感を増していませんので、ZチューンはROM(ECU)チューンと違って、スロコンを追加して一緒に使って頂く事が可能です。 (ROM(ECU)チューンされててもZチューン可能です。)
    ・RR1は、DBWではなく、アクセルとスロットルがワイヤーで直接繋がっていますので、アクセルをベタ踏みするより、少し戻して踏んだ方が、より加速する場合がありますので、色々な踏み方をお試し下さい。
    ・RR1、RR3とも、今までと同じ燃料でよりパワー(トルク)が出てしまう為にクリープが増えますが、正常です。
     また、増えたクリープを活用し、信号が赤になったらアクセルを開放させクリープで走行、前車に追いついたらブレーキを踏んで頂ければ、燃料消費を抑えられます。
    ・RR1、RR3とも、今までと同じ燃料でよりパワー(トルク)が出ていますので、5速(60Km/h以上、一度60km/h以上に上げれば55Km/h位まで速度が下がっても5速をキープ)を多用して燃料を有効に使って下さい。
    ・Zチューン後は、ノーマルと違い淀みなくパワーが出て車が軽く感じると思いますが、4000rpm以上気持ちよく延びきりますシャシダイに載せると確認頂けますが、最大パワー発生回転数でのパワー改善率よりレッドゾーンに入る回転数でのパワー改善率が上まる様に設計しています)ので、是非、踏み込んで本来のエンジンの性能、加速の気持ちよさを堪能して下さい。
    ・Z-Plugも一般的なプラグ同様に5~10万Kmでの交換が必要な消耗品で、将来、乗り換える場合は、車種依存で互換性がない車種が多いので、Z-Plug以外のZチューン・パーツのみ載せ替えて下さい

    備考:
    Zチューンは、異常気象を少しでも減らす為の地球温暖化対策と、家計の為に燃費改善を希望され、同時に、愛車の潜在能力を開花させ気持ちよく走らせたい、車好きの方に、特にオススメします。

    テーマ : Zチューン、ソーラーアシスト、ブレーキチャージによる燃費&パワーなどの同時改善
    ジャンル : 車・バイク

    プロフィール

    Mutoh_Z (茨城県)

    Author:Mutoh_Z (茨城県)
    Zな電装系チューン・ブログへ、
    ようこそ !

    カテゴリ
    桜 (1)
    リンク
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    2010.10/4~